第167回日曜BC級シングルス H30・1・28

小雪が舞う冬空のもと大会は始まった。
6人が2リーグに分かれて予選を行い2位までが決勝トーナメントに残った。

決勝は長谷川健司選手(ユニバー神戸)と福田勇治選手(フリー)の対戦となり
追いつ追われつのシーソーゲームになったが長谷川選手が6-4で振り切り
歓喜の初優勝に輝いた。

準決勝
長谷川 健司(ユニバー神戸) 6-2 高坂 守(ドーンTC)
福田 勇治(フリー) 6-5(4) 橋田(フリー)
決勝
長谷川 健司 (ユニバー神戸) 6-4 福田 勇治(フリー)


第25回年忘れシングルス H29.12.29

先日までの厳しい寒さも和らいだ天候のもと、
16名の選手が4ブロックの予選リーグに分かれ大会の幕が開いた。

本戦決勝は家高秀紀選手(ユニバー神戸)と印部泰男選手(印部TC)と言う
昨年の再来となり熱戦が繰り広げられたが印部選手が6-3で家高選手を破り
歓喜の初優勝を遂げた。

コンソレは竹林選手(朝日)と松本選手(SRI)の対戦となり竹林選手が
6-4で松本選手を退けた。

本選準決勝
家高 秀紀(ユニバー神戸)6-4 浦辺 賢太郎(広野田園)
印部 泰男(印部TC) 6-2 家高jr(ユニバー神戸)
決勝
印部 泰男(印部TC) 6-2 家高 秀紀(ユニバー神戸)
コンソレ決勝
竹林 正輝(朝日) 6-4 松本 典大(SRI)


いんべさん

竹林さん

第355回毎日新聞社杯争奪月例シングルス H29.12.11

冬晴れのもと2ヵ月ぶりに大会が8名の参加者によって
開催された。

決勝は各ブロックを圧倒的な力で勝ち上がった釘田悦男選手(サンランドロイヤル)と
浦辺賢太郎選手(広野田園)のフレッシュな対戦となり、お互いが一歩も譲らない
接戦となったが、釘田選手が6-4で浦辺選手を退け栄冠に輝いた。

準決勝
釘田 悦男(サンランドロイヤル) 6-1 三好 啓文(フリー)
浦辺 賢太郎(広野田園) 6-1 小川 拓(芦屋シーサイド)
決勝
釘田 悦男(サンランドロイヤル) 6-4 浦辺 賢太郎(広野田園)


第166回日曜BC級シングルス H29.11.26

クラブハウス前のもみじが鮮やかな紅葉に染まったころ、
6人が参加して大会は行われた。

準決勝、決勝とも大接戦にもつれ込む実力伯仲の中
決勝は坂本智也選手(コケコッコー)と真田健介選手(フリー)の予選に引き続いての
対戦となったが坂本選手がを7-5で予選の雪辱を果たし優勝に輝いた。


第352回毎日新聞社杯争奪月例シングルス H29.9.11

先週の天気予報では雨模様だったので心配していたが
明日に連れ込み上々のコンディションのもと
大会は始まった

決勝は釘田悦男選手(サンランドロイヤル)と中尾岳選手(コスパ)の
強豪・古豪の対戦となりタイブレークにもつれ込む大接戦となったが
中尾選手が釘田選手を振り切り久しぶりの栄冠に輝いた。

準決勝
釘田 悦男(サンラインドロイヤル) 6-0 福山 龍(ノア)
中尾 岳(コスパ) 6-3 松田 均(コスパ神崎川)
決勝
中尾 岳(コスパ) 7-6(3) 釘田 悦男(サンラインドロイヤル)



カレンダー+最終更新日
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
アナログFlash時計23(クロノグラフ型青色









プロフィール

around60manager

Author:around60manager
世に言う「あらかん」の年齢にいつの間にやらなってしまったテニスクラブの格好良く言えば支配人、でも実は雑用が主体の何でも屋さんです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご連絡はこちらから
大会やクラブに関するお問い合せは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-